姿勢を整え、体を芯から整える整体処。

からだ整え処  癒庵 いあん

  • seitaiian

ガンジスの国の思い出


インド最高でした。

もし「次行きたい国はどこ?」 と聞かれたら 「もう一度インド」と即答するでしょう。 福井の整体院 『 整体療術院 癒庵 』院長の近間です。

ナマステ。

行き先をインドに決めてからというもの 「新婚旅行で行くところじゃない。」 「治安が良くない。」 とか言われることが多く

大丈夫かな・・ という思いが 若干にじみ出てきていたけど

そんな不安は あまりの楽しさで、瞬く間に消え去っていました。

想像通りインドは 日本では考えられない「刺激」の連続でした。

あらゆる所にいて 街に完全に溶け込んでいる 「のら牛」や「のら山羊」

そして、その「のら犬」と喧嘩している「のら猿」

「犬猿の仲」という言葉は 本当だと知りました。 道が狭かろうが、人がいようが 大量に人を積んでいようが

前後左右、ほぼ車間距離なしで ガンガン飛ばす、各種乗り物。 おそらく 日本人が一生のうちに鳴らすクラクション数の3倍以上を、1時間たらずで鳴らしているインド人。

真っピンクや真っ黄色、真緑に真紫。

次世代テレビ「4K」の CM に そのまま使えそうな鮮やかな色のサリーを、年齢を問わずに着こなしている女性達。

日本なら、どんな人ごみの中に紛れていても一瞬で見つけられるでしょう。

初めにさんざん確認しあった交渉値を こちらの記憶違いかな・・と思わせられるくらい 到着時に、悪びれもなくケロッとつり上げてくるリキシャのオッチャン達。

良い意味で 全てがムチャクチャというか ルールが無いというか・・

本で仕入れていた情報は まさにそのままで

全く期待を裏切らなかった スパイスの国インド。

また行きたい。

次ぎは「旅行」ではなく 「旅」として。

最後に

アーグラ城で出合い

その後偶然、駅でまた再開した イケメンでナイスボイスのKEII。

後でアドレスを交換しようと言って 寝台列車に別々に乗り

結局 そのまま会えず終いになってしまったことが心残りです。

もし万が一、いや億が一・・ 探してくれたなら

このブログに 辿り着いてくれないかな。

さすがに「福井県」「HIRO」 だけの情報だけでは難しいかな。。