• seitaiian

命を支える命

最終更新: 2019年7月24日


ふと、なんとなく

「命」 というものについて考えてみました。


福井の整体院 『 整体療術院 癒庵 』院長の近間です。

例えば「人間」の場合 命に関わる重要な臓器として 「脳」や「心臓」があるけど

じゃあ その脳や心臓が「命」というのか・・ というと、ちょっと違う気がします。


脳や心臓も 「細胞」という、さらに小さな単位の「命」の集まりでできているわけで

その細胞すらも 「ミトコンドリア」や「核」など さらに小さな「命」の集まりでできています。


もしかすると ミトコンドリアや核さえも、さらにさらに小さな命の集まりでできているのかもしれないし


逆に 「人間」や「地球」、「宇宙」は

大きな「命」の一部に過ぎないのかもしれません。



体の中の小さな「命」達が 人間という「命」の一部であることを きっと想像すらつかないように

あまりに大きすぎる次元の「命」は 人間には想像がつかないだけで。


命が集まって大きな命を作り その命が集まって さらに大きな命を作る。 という 大きな大きな、果てのない輪廻を仮定してみると



「命」とは 一つ一つの個体のことではなく


それぞれの個体を結びつけている 「つながり」のことかもしれない

という考えに辿りついてみました。

別に変な宗教団体に入ったわけではないし 特殊な本に影響を受けたわけでもなく


単に、「つながり」って大事だな・・  という話です。


2J4A7338のコピー.jpg

姿勢を整え、体を芯から整える整体処。

からだ整え処  癒庵 いあん