ぶろぐ

ご予約はこちら

「かもしれない」をつけてみる

 

 

車の運転は
「だろう運転」ではなく
「かもしれない運転」が大切です。

 

子供が飛び出してくる かもしれない。
前の車が急ブレーキを踏む かもしれない。

 

「かもしれない」を頭の片隅に置いとくことで
冷静な広い視野を保てるから。

 

ちなみに僕は子供の頃

 

いつか空から飛行石を首にかけた
三つ編みの少女が落ちてくるかもしれないと

 

上空に視野を広げていました笑

 

福井の整体院
『からだ整え処 癒庵』院長の近間です。

 

今、世の中には大なり小なり

 

興味のない者からすれば
「んなわけないやん」と思う広告が
バンバン流れています。

 

とりあえずポンと浮かぶ例としては
「毎日たった◯◯だけでスリムボディに!」
的な、ダイエット系商品。

 

これは興味のない人
つまり、全然悩んでない人からすれば

 

「そんな都合いいモノあるわけない」
「元々スリムなモデルを使ってるだけ」
「ならとっくに世の中全員スリムになってる」

 

て感じで
めちゃくちゃ冷静にみえたりします。

 

「んなわけないやん」て。

 

でも、実際に本気で悩んでいる人からすれば
ついつい信じてみたくなる
非常に魅力的なものに写るもので

 

面白いのは

 

そんなダイエット商品に
「んなわけないやん」て思う人が
もし「薄毛」で本気で困っていたら

 

「毎日たった◯◯だけでフサフサに!」
的な増毛系商品は

 

ついつい信じてみたくなる
魅力的なものに写ってるし

 

ダイエット系商品や増毛系商品に
「んなわけないやん」て思う人が

 

もし、日常生活に差し支えるほどの
「ヒザの痛み」で本気で悩んでいたら

 

「◯◯軟骨成分配合!
毎日たった◯◯だけで、痛みにサヨウナラ!」
的な健康商品が

 

ついつい信じてみたくなる
魅力的なものに写ってる。

 

悩んでいないことに関してはすごく冷静に
「んなわけないやん」て思えるけど

 

今まさに悩んでいることになると
冷静さを押しのけて
見え方が変わってしまうようです。

 

それくらい悩みをピンポイントでついた
「たった〇〇だけで~」系の広告って
破壊力があるわけなんですが

 

実際のところって
100人中「数%~数十%の成功例」を
宣伝文句にしてたりするんですね。
(せめてそれくらいはあると信じたい)

 

となるとそれってもう

 

「数%~数十%の成功確率」に
自分が入れるかどうかのギャンブル。
てことになってくるわけです。

 

でも悩んでる時って
そこがボヤけて見えなくなってるから

 

「それさえあれば自分は変われるはず」
てくらい思いがち。

 

そこで、とりあえず一回
「かもしれない」を後ろに付けてみるのは
どうでしょうか。

 

毎日たったこれだけの◯◯で痩せる!
・・かもしれない

 

毎日たったこれだけの◯◯でフサフサに!
・・かもしれない

 

毎日たったこれだけの◯◯で治る!
・・かもしれない

 

ちょっとニュアンス変わりますよね。
ちょっとだけ冷静に見れる。

 

少なくとも
「数%~数十%の成功確率」という輪郭が
ほんのりでもイメージできる。

 

決して
「騙されるから信じたらダメ」
てことを言ってるわけじゃありません。

 

宣伝する側はあくまでも商売で
お金をかけて宣伝してるわけですから
そういうものですし。

 

お金の使い道なんて
あくまで本人の自由ですし。

 

ただ、本当に変わりたいならば

 

「たった〇〇だけで~」という
一見、「魔法のような楽さ」には

 

一回「かもしれない」を付けてみて

 

そうして一旦保留しておいて
今もっと自分でできることをできる範囲で
ちょっとずつでも頑張って続けてみて

 

その上で
あくまでも「+α」として賭けてみるなら

 

単なる
「成功率◯%のギャンブルに賭ける」でなく

 

「努力 + a」という
また違った形になるんじゃないかなと思います。

 

結果、「+α」の部分がダメだったとしても

 

「努力」の部分は
「良い習慣」として残りますから。

 

 

ページトップへ