ぶろぐ

ご予約はこちら

筋肉は固まる

 

焼き鳥で一番好きなのはヒネ。
「親鳥」です。

 

あの「噛めば噛むほど」みたいな
硬めの食感が大好きで

 

ヒネ好きとしては
「若鶏」は柔らかすぎて物足りません。

 

福井の整体院
『からだ整え処 癒庵』院長の近間です。

 

さて、筋肉の話です。

 

筋肉って、年齢とともに
質が変化していくようで

 

「幼年期~少年期」は
フニフニとただ柔らかく

 

「青年期」は
力がみなぎって逞しく

 

「壮年期~中年期」は
硬く伸びが無くなって

 

「高齢期~老齢期」には
弱ってボソボソと筋張っていく。

 

困ったことに筋肉は
成熟した「青年期」を過ぎて以降

 

「壮年期」に入ったあたりからは
少しづつ固まってってしまうようです。

 

とはいえ実際のところ

 

40代でも50代でも
それこそ60代になっても
柔らかい筋肉を保ててる方はいたりして

 

どうやら「年齢のせい」と
一括りにしてしまうよりも

 

「年齢に伴った生活習慣」による影響が
大きいように思えます。

 

学生ライフが終わって社会に出ると
運動する機会はなくなって

 

毎日、仕事で同じ姿勢
同じ動きの繰り返しで

 

たまにの休日は
ソファーに座ってスマホを見たり
ゴロッと寝ころんでテレビを観たり。

 

つまりは
筋肉をあまり動かさない生活。

 

決まった筋肉を
決まった範囲でしか動かさない生活。

 

コケコケ動いているニワトリだって
あれだけ変わるんですから

 

そんな生活に切り替わる人間なんて
そりゃイチコロですよ。

 

固まっていきます。
現状維持だって難しい。

 

例えるなら
「濡れタオルを冷凍庫に入れている」
みたいなもんでしょうか。

 

動かさずにそのまま放っておけば
どんどん固まってってしまう。

 

とはいえ

 

ただガムシャラに使えば◎
というわけでもなく

 

より筋力を使ってる(緊張させている)だけに
それに伴うだけのケアを徹底的にしないと

 

むしろ「倍速で固まらせてる」ことにすら
なりかねないんですね。

 

仕事でけっこう動いてる。
趣味でスポーツしてる。
ジムでトレーニングしてる。

 

というような方に
特にこの傾向が多くみられます。

 

何もしていない方よりも
よっぽどクセが強くて
よっぽど固まってたりするんです。

 

筋肉を固まらせないためには
使うこと・動かすことはすごく大事です。

 

ただし、「その後しっかりケアをする」
までがセットとして初めて◎

 

そうやって伸びのある筋肉
動ける体をキープして

 

40代でも50代でも
それこそ60代になっても

 

「年齢なんて関係ない」
と言いたいもんですね。

 

 

ページトップへ