ぶろぐ

ご予約はこちら

友人のなにげない一言に感謝を

 

暖かい時期の晴れた日は
自転車(クロスバイク)で散歩します。

 

この自転車は
兄が乗っていたもので

 

数年前に兄が他界した後
放置され錆びていたのを修理して
ここ2年ほど乗っていました。

 

福井の整体院
『からだ整え処 癒庵』院長の近間です。

 

そんな「遺品」である自転車ですが
乗る機会が増えたこともあり
新しい自転車を購入することにしました。

 

兄の自転車はサイズが若干小さく
背中がけっこう丸まるため

 

たまにならよくても
頻繁に乗るとなると

 

整体師としては
姿勢が気になって仕方ないんです。

 

とはいえ、捨てるのはやっぱり
なにか心苦しく

 

誰か使ってくれないかなと

 

そしてせっかくなら
兄を知る人にと

 

ダメ元でまず、小学生時代からの友人に
電話をかけてみました。

 

いきさつを話した後
友人から出た第一声は

 

「あ~ それで俺に1番に声かけてくれたんや」

 

その友人からすれば別に今
自転車が欲かったわけでもなく

 

新しいのを買うから古いほうを・・
という「おさがり」のまた「おさがり」で

 

しかも「遺品」という
ちょっと心理的な重さ付き。

 

「ありがた迷惑」
となっても仕方ないくらいです。

 

普通なら「あ~ でまず俺に声かけたんか」
くらいだと思うんですが

 

友人は
「かけてくれた」と言葉にしました。

 

しかも自然にサラッと。

 

「ありがた迷惑」どころか
感謝のニュアンスが含まれちゃってるわけです。

 

もう使わないけど
できれば捨てたくない。

 

という複雑で
身勝手な思いもくんでくれて。

 

もし逆の立場だったら
そんな言葉、出せただろうか。

 

「置き場所を作ってみる」とのことで
とりあえず一旦待機中となり

 

連絡をとるたびに「まだかまだか」と
面白半分で催促するんですが

 

結果「受け取れない」となったとしても
全く問題ありません。

 

あの時「感謝」のニュアンスをくれたことに
もう十分感謝しているので。

 

以上、今回は
整体とは全く関係のない

 

付き合いの古い
良き友人の話でした。

 

ページトップへ