ぶろぐ

ご予約はこちら

体の使い方の嬉しい発見

 

「結構です」
「大丈夫です」

 

「良いね」
「ヤバいね」

 

言葉だけでみれば
全く違う意味をもつ言葉ですが

 

若者言葉といいますか
今では同じ意味で使われたりするようです。

 

でもなんとなく

 

「大丈夫です」って断られるほうが
より凹む気がするのは気のせいでしょうか(´・_・`)

 

福井の整体院
『からだ整え処 癒庵』院長の近間です。

 

特に技術に関することで

 

一見違うことを言っているようで
本質的には同じことを言っている。
ということがあります。

 

スポーツでいうなら

 

「腰を入れろ」「軸で動け」
「肩の力を抜け」「膝を柔らかく使え」
などですね。

 

腰が入った動作は、自然と軸の動作となり
肩や膝などの力みを必要とせず
四肢を柔らかく使える。

 

逆もしかりで

 

膝を柔らかく使うことによって
自然と肩の力も抜け
自ずと腰の入った軸の動作となる。

 

中心にある本質は同じで

 

周りにぐるっと円環を成して
A=B 、B=C 、C=D ・・・Z=A

 

どこから焦点を当てるかの
「角度の違い」みたいな。

 

同じように
武術・武道の達人たちが言う体の使い方

 

「意識を隅々まで巡らす」
「指先から動かす」
「波を起こさず使う」
「統一体として使う」
「気が主体の動きとする」

 

頭では理解できても
体現するのが難しいこれらの表現ですが

 

最近、ふとしたキッカケで
とても嬉しい発見がありました。

 

これまで人に技術を伝える際に
自分なりの表現で伝えていたことが

 

本質を同じとした
横並びで同じことなんじゃないかと。

 

AやB 、CやD、いろんな達人の
いろんな角度からの説明を参考にし
習得に四苦八苦してたけど

 

自分のはまた別の角度の Y だった。
みたいな感じですね。

 

そして、それがわかると
いろんなものが繋がってくる。

 

とはいっても
あくまでも角度がわかっただけで
中心までの距離はまだまだ遠い。

 

体の使い方は
本当に奥が深くて面白いです。

 

 

関連記事
・からだをキメる

 

ページトップへ